ao

-ao-​

アカシックレコード・リーディング & Healing Therapy

ao -アオ- は、ハワイ語で光という意味があります。

人が放つ輝きはそこに言葉がなくとも人の心を癒やす力があります。
いつも、そうでありたい。

そんな気持ちで ao と名前をつけました。

出会いは全て必然。

今までも、そして、これからも。

無限の繋がりに感謝の気持ちのもとに ao を開設いたしました。

 

Teru

PICK UP MENU

h_20200922.jpg

レイキヒーリング

海外では代替医療として医療保険が適用されている国もあり医療現場でも行われるヒーリング。

a_20200922.jpg

アカシックレコード・リーディング

対面or遠隔:個人セッション

 
profile-teru-org4_edited.jpg

ABOUT Me

アカシックリーダー
ゲシュタルト療法
NLPプラクティショナー
トリシア・カエタノ前世療法
現代レイキマスター/臼井レイキティーチャー
米国催眠療法協会(NGH)認定ヒプノセラピスト
日本臨床心理カウンセリング協会認定臨床心裡カウンセラー
介護福祉士/社会福祉主事/ガイドヘルパー

​本質を掴む

柴田照美です。

「TERUさん」と呼ばれています。

 

アカシックリーダー中谷由美子氏のプロスペリティアカシッククラス&

ことほぎ〜本質を握り現実を開く〜のサポーターを務めております。

 

 

 

私自身について

 

私は2男1女、3人の子育てを行なってまいりました。

長女が2歳の時に、母親として子供へ向ける愛情の表現に言葉が詰まり、自分の内側に何が起きているのか分からなくなりました。

このことがきっかけとなり、自分を見つめ直すセミナーへと足を運んだのでした。

セミナーを受講する中で理解できたことは、自分と親との関わり方の中で培われた生きづらさの原因を初めて知ることに。生まれた時から7、8歳位までの親の言葉がけは、肯定語も否定語も全て潜在意識に定着されています。受講時、全て肯定語で話すというペアを組んでのワークがあったのですが、親や擁護してくれていた大人達の言葉の影響はとても大きく、望む生き方さえもブレーキをかけてしまっていたことに気づくきっかけとなり、本当の自分を知るための旅が 始まりました。

 

2001年から子育てをしながら起業することを決めて、福祉の仕事に従事するようになりました。人に寄り添う仕事であるのに、自己管理を行う余裕が無い日が続いたことで体調を崩してしまいました。この経験により、自分を大切にすることが実は一番難しいことであるという気づきと、本格的にセルフケア方法を学ぶ転機となりました。

NLP 、ヒプノセラピー、レイキの学びにはじまり、エネルギーワーク、大学にて心理学、カウンセリング、そしてアカシックリーディング、ヒーリングを習得してまいりました。

そして、これらの学びが一つの大きな輪となり、クライアントに寄り添ったセッションに繋がっています。

 

 

Healing Space - ao - で行うセッションでは、カスタマイズでのセッションもご用意しております。

Terumi Shibata

CONTACT.

メッセージを送信しました